飛行機への持ち込みは可能だけど液体が漏れると臭いが広がりやすい

飛行機への持ち込みは可能だけどCBDオイルが漏れると臭いが広がりやすい

CBDの飛行機の持ち込みは、国内線と国際線で違いがあります。飛行機の国内線はというと、CBDの持ち込みは可能です。

その理由としては日本ではCBDは合法なものであるため、飛行機に持ち込みも問題ないのです。

しかし飛行機へ持ち込む際には、注意すべき点もあるのです。

それはCBDオイルやCBDリキッドを飛行機の国内線へ持ち込む場合です。

飛行機には、機内へと持ち込むことができる液体の規定量があります。

どの程度の液体であれば持ち込むことが可能なのかというと、ペットボトル1本くらいの液体なら持ち込みは許可されています。

そのため、CBDオイルやCBDリキッドはその内容量からしても、規定量を超えることはないですが、大量に持ち込む場合には注意は必要です。

また飛行機への持ち込みは可能ではありますが、CBDオイルなどは液が漏れると臭いが広がりやすいため、蓋をしっかりと閉めておくなど対策をし注意することは必要です。

一方、飛行機の国際線へCBD製品を持ち込む場合は少し違いが出てきます。

それはCBD製品のことについて、質問された場合です。

そのときに言葉が通じない海外で、正しく受け答えできないと、ヘンプの密輸などと勘違いをされてしまう場合があるのです。

すると長期の間拘束されてしまったりするなど、面倒な問題へとなってしまうこともあるの、国際線の場合は飛行機へ持ち込むのは避けたほうが良いと言われています。

さらに飛行機の国際線へ持ち込むを避けたほうが良い理由として、その国の独自のヘンプに関する法律を完成に把握しておくことは難しいのからです。

このように国際線の場合、飛行機へCBD製品を持ち込むこもは避けたほうが良いと言われています。

また海外から飛行機に乗り、お土産などとしてCBD製品を持ち帰るときにはおすすめできないのが現状です。

その理由は、その国や航空会社によって、物質や量などに、細かくさまざまな規定を設けているからなのです。

もし機内へと持ち込むことを考えるのであれは、スーツケースの中へ入れてしまったほうが良いと言われています。

しかしどうしてもCBD製品を機内へと持ち込みたいときには、航空会社それぞれの規定をしっかり調べることが最善の方法だと言えます。

そして飛行機の国際線を使い日本へとCBD製品を持ち込む際には、THCの成分が入っていないかどうかしっかり調べてから持ち込むのが重要になります。

CBDを飛行機に持ち込む場合、国内線なら問題ないと思いますが、国際線は規定量や法律が航空会社などで変わるので持ち込むのはおすすめできないと思いました。”